木と人間との関係 木材を伐採することによって自然破壊されるのは間違いではありませんが、決して正しいわけではありません。適度な伐採と植林が計画的に行われてこそ豊かに維持できるのです。成長する森林は限界を超えるとそれ自体が生命力を失って朽ちていきます。それらを継続的に資源として利用するためには、安定期に達した後には成長に見合った伐採が不可欠なのです。日本だけでなく地球規模で考えなければならないし、一国の事情だけで解決する話ではありません。
「木」は人に優しい材料だと言われています。それは、木が自然の材料であり、人間が建築を始めた有史以来の長いつきあいの中で育ってきた親しみのせいかもしれません。木に囲まれるとなぜか心の安らぎを覚えませんか?
技 術



不動産情報 地域密着だからこそおすすめできる
土地、建物、お部屋、駐車場、貸店舗等

詳細はこちら

新着情報
Powerd by - PHP 工 房 -